足跡帳

ミクシィ・旅行記サイト兼用の足跡帳です。
勿論、ブログ来訪の方が足跡を付けてもいいです。a(^-^;

シマエナガ

2018012101

20180121012

今回の北帰行の目的は、シマエナガを撮ることだった……






が、観られなかった。(ノД`)
まあ、北海道の各地に生息しているけど簡単に観られる鳥ではない、ということは承知していたものの、
実際に観られないと(´・ω・`)ショボーンとなる。

行ったのは、円山公園と藻岩山の間にある旭山記念公園。
ここはシマエナガの目撃情報が多いことで知られている場所で、昨日も目撃情報があった。
なのに、その時間帯にσ(・_・)は、

2018012107

暢気に札幌の街並みを眺めていたとさ……'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、

結果は敗北だったけど、エゾリスやクマゲラが観られたことで救われたと思う。

2018012102

2018012104

2018012103

今回の敗北は悔しいので、リベンジマッチをやることを決意した(`・ω・´)が、
小鳥撮りってめっちゃ難しいことも実感。A(^◇^;

他には、

2018012105

道庁赤れんが庁舎で北海道150周年記念のプロジェクションマッピングを観るという、
普通の観光客的なことをやったのと、

2018012106

函館本線のラッセル撮りもやってきた(笑

伊丹スカイパーク

この土日に実家へ正月”明け”帰省(笑
単に帰るだけでは面白くないので、往き(土曜日)は朝7時発の便で飛んで、午前中は
伊丹スカイパークで飛行機撮りをやってきた。

2018011401

2018011402

2018011403

2018011404

滑走路と近接していて開けた場所ということで、流し撮り中心にやってみた。
歩留まりの低さは付け焼き刃の無手勝流だから仕方が無い……A(^◇^;

2018011405

今年度で退役となるJALのボンバルディアCRJ200。
青組なσ(・_・)は、この機種には縁が無かった。
同様にエンブラエルもそうで、E170やE190が次々に飛んでくるのを見て、
伊丹がエンブラ天国であることを実感。

2018011406

朝から好天で「彩雲出るかも」と予想していたら、やっぱり出た。(^^)

2018011407

青組だから、背景がANAの方が良かったんだが…a(^-^;

年越し撮り鉄+旭山動物園

年末から年明けにかけて仕事が立て込んでいたので、やっとブログ更新。f(^-^;

年末年始は何時もの行程。
去年のような少雪ではなかったものの、残念ながら期間中の降雪量が少なかったので宗谷本線の
ラッセルの写真はいまいちな感じだった。
今回は正面撮りだけでなく横撮りもやってみたけど、なかなかイメージ通りの写真は撮れず…(・_・ )
まあ、正面撮りや定番撮影地ばかりだと飽きてしまうので、違う構図の撮影もやっていこうと思う。

2018010703

2018010704

2018010705

2018010706

そして、今回は初めて旭山動物園にも行ってきた。
動物園に行くのは何十年ぶりだったけど、動物の写真を撮ることが新鮮で面白かった。
今度は夏に行ってみようかと思う。 (^^)

2018010701

2018010702

2018010707

雲台お試し+1タミで初サンニッパ+親子丼( ゚Д゚)ウマー(笑

2017121701

先日買ったベルボンのマルチ雲台「FHD-66A」の使い初めで、羽田1タミへ。

使ったレンズは、空港撮りでは初めてのサンニッパ。(^^ゞ
初めて使う雲台ということでスムーズな操作ができなかったこともあるけど、カウンターバランスの
威力は絶大で、飛行機の動きに合わせて重いサンニッパを振れることが分かったのは大きな収穫。
年末のラッセル撮りに向けて、室内トレーニングに励もうと思う(笑

こういう場所で三脚使うことは気が引けたけど、周りに気を遣いながら使うことを心がけた。
しかし、三脚の使用不使用とは関係無しに、自己中な奴ってのは居るもので……(--#)

2017121703
『 B767-300 JA01HD HD11 (HND⇒CTS) 』

2017121702
『 B787-8 JA821A NH14 (ITM⇒HND) 』

2017121704
『 B787-8 JA816A NH583(HND⇒MYJ) 』

何気に気に入ったのが、1枚目。
日の出間も無い時間なのに、1タミ展望デッキの南端からC滑走路の機体は勿論、その向こうの
日本郵船のコンテナ船や市原の工場群までしっかりと捉えているのはサンニッパの実力かと。v(^^)

なお、2枚目はx1.4テレコン使用、3枚目はニコワン+70-200mm f4の変態ペア(笑、
そして3枚ともトリミングをやってます。f(^-^;

2017121705

2017121706

早朝に家を出てコーヒーしか飲んで来なかったので、最近、知り合いが立て続けに来店している
1タミB1階にある『赤坂うまや うちのたまご直売所』
に行ってみた。

朝ご飯的にはたまごかけご飯がベストだけど、昼兼用の食事ということで親子丼を注文。
鶏肉は大きいし、卵の味がしっかりとしていて( ゚Д゚)ウマーだった。
この店は結構人気があるようで、入店時は席に余裕があったのに、俄に混み出して店を出る時には5、6人程の
入店待ちの行列ができていた。
親子丼で純粋な卵の味が分からなかったので、次に行った時はたまごかけご飯を……とは言ったものの、
1タミは飛行機撮り以外で行くことが無いから何時になるのやら。a(^-^;

羽田空港1タミ朝練

この時期恒例(笑)の羽田空港1タミの早朝撮りに行ってきた。

2017120901

2017120902

前夜の雨降りと北風で空気が澄んだせいか、茜の富士山が何時もより綺麗に見えた。


2017120903_2

今日のハミングバードはNH583便(松山行き)が機材繰りの遅延出発となったせいでJALの2機のみ。
あるいは583便はB777-200なので、最初から34Lを使わない予定だったのかも。


2017120904

ハミングバート撮りもそろそろ飽きてきたので、次は超望遠でこういうのを撮ってみようと思う。f(^-^;


2017120905

今までで一番良い巡り合わせだったのに、シャッタースピード遅過ぎ(1/500)&月にピントが
合ってしまった…(ノД`)

京急撮り&品川神社 富士塚

今日の記事は昨日の続き(笑

ニコンミュージアムの企画展見学の前後に、近所の京急の八ツ山橋踏切で撮り鉄をした。
北海道以外で撮り鉄するのは超久しぶり。

2017112601_2

2017112602

2017112603

ミュージアム訪問の前後となったのは、この日運行されていたイエローハッピートレインと
600形ブルースカイトレインの通過時刻が離れていたから。

ここで撮り鉄するのは初めてだけど、実は、2011年に今の家に引っ越して以来ずっと通勤で見ている
場所だから、『今更かい(^_^;)\(・_・) オイオイ』ということではある……A(^◇^;


その後、これも通勤で毎日のように見ている新馬場駅の近くにある品川神社の富士塚に行ってみた。

2017112611

2017112612

2017112613

境内はイチョウなどの木々の紅葉が進んでいて、七五三参りの家族連れで賑わっていた。
また、神社の境内を通り抜けて奥まったところに板垣退助の墓がある。(写真は省略)


2017112614

ここが富士塚への登山口……だが、裏の登山口(笑
表の登山口も写真を撮ったけど、ぶれてしまっていたので省略。
登山道も”品川神社 富士塚”でググれば山ほど写真が出てくるから省略。f(^-^;

写真は撮り鉄目的だから、京急絡みだけ(笑

2017112615

2017112616

2017112617

カエデの紅葉がもう少しな感じだったので、次の週末に行ければ行ってみようかと思う。
そして、ブルースカイトレインは北海道漁連のホタテPRラッピングを施した『北海道ほたて号』として
年末まで運転中。
微妙に影が被ってしまったので、これのリベンジもやる為にもここに行こうかと。(^^ゞ

「Fマウント NIKKORの世界」

2017112501

品川のニコンミュージアムで、創立100周年記念企画展「Fマウント NIKKORの世界」
開催されているので行ってきた。

2017112502

今回の企画展には約400種類のニッコールレンズが展示されているけど、ニコン社内にあったのは
250種類ほどで、残りは社員に呼びかけたり外部から購入して集めたとのこと。

2017112506

σ(^^)が持つ最強装備のサンニッパも、ニッコールの森の中では目立たない……a(^◇^;

そんな数多くあるレンズの中で、一番観たかったのがこの2本。

2017112503

奥は「AI Zoom-Nikkor 1200-1700mm f/5.6-8P IF-ED」。
焦点距離1200~1700mmという超々望遠ズームで、甲子園球場のバックスクリーン横にある
報道用撮影席からバッターボックスに立つバッターのアップ写真を撮りたい、という報道機関の
要望で開発されたもの。
試作品を製作して甲子園球場まで運ぶ時に、余りの大きさに新幹線の3列シートを占拠して
鎮座させたとか、レンズを”マグロ”、レンズを収納するケースを”棺桶”と呼んだ、という逸話がある一品。

一方、手前は「AI Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8S」。

2017112504
(写真は「Fisheye-Nikkor Auto 6mm f/2.8」)

焦点距離6mmの画角220度という、正に”目玉が飛び出ている”魚眼レンズ。
数年前にイギリスでおよそ1300万円で取引されたという曰く付きのレンズだけど、
それをコーナーの一角に何気に展示しておいて大丈夫なんかい、と思った…a(^◇^;

2017112505

この企画展に集まっている全てのFマウントニッコールは、このニコンFと「Nikko-S Auto 5cm f/2」から
始まっている……。

«アイランダー2017

道北の天気

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

あつもん…(*´д`*)

  • Rebunis_atsumon_a8